自分の頑張りを、なぜか過小評価してしまうときのおすすめ

頑張って、頑張って、目標を達成しても

ついつい

「これくらい、どうってことない。まだまだ〜〜」

って思ってしまうことがある。

身近な例で言えば、毎日の習慣化がそうだ。

毎日本を読んで、ちょっとずつ勉強をして、ランニングをして・・

何もしていなかった頃と比べたら、実はすごいことをしているのに。

これくらい大した事ない、って思ってしまうと、

途端にやらなくなる。

過小評価を防ぐためのツール

毎日の習慣をやり遂げたら、項目ごとに達成の印をつけるとよい。

私は、手帳に毎日、星型のシールを貼っています。

どんなに小さなことでも、やり遂げたら、なにか印を付けるのがポイントです。

▼ 関連記事はこちら

習慣の達成を記録するのに、手帳とシールを使う | たまにはゆるゆる暮らし

そうすれば、やったことが目に見えるので、

「自分、案外頑張ってるじゃん。」

と思えるようになります。

これは今月の記録。自己肯定感が上がります! おすすめです。