自分の作業が途中で遮られた後、中断前の環境に戻るアイディア

小さい子どもと暮らしていると、どうしても自分の作業が途中で遮られることが多い。

しかも、子の対応が終わってからも、ずるずると時間を過ごしてしまい、自分の作業をしていた時の集中力を取り戻すのが難しい。

仕事でやっていた「割り込みタスク」対策から考えたこと

そこで思い出したのは、仕事での「割り込みタスク」の多さに悩んでいた頃のこと。ひとり仕事に集中していても、途中で話しかけられたり、突発的な業務が発生したりしていたのだ。

その頃、私が「割り込みタスク」対策としてやっていたことは、以下の2つ。

  1. 「今やるべきことか、そうでないか」を見極めて対応する。
  2. 割り込みタスク後に、それまで行っていた業務にすぐに戻れる工夫をする。

子どもに関わる「割り込みタスク」は殆どが「最優先事項」だから、いちいち「やるべきかそうでないか」考えてる場合じゃない。

だから、2. を徹底的にやり抜くしかない。

再び作業に取り掛かるまでの流れをスムーズにして、中断される前の環境をすぐに取り戻す工夫を考えている。

中断前の環境に戻る工夫

今、具体的にどう工夫しているのかというと、

手帳にその日やることを手書きする、タスク管理アプリを使う

ぐらい。

  • 手帳に手書きすることにより、頭へのインプット効率が高くなる
  • タスク管理アプリを使うと「いま、何をやっているか」が明確化される

ただ、この2つは意志の力に頼らざるを得ないため、途中でしんどくなってやめてしまう(中断前の環境に戻れない)ことが多い。

さらに効果的な方法はないかと考えたところ、ひとついい方法を思いついた。

子どもに呼ばれたら、その場でタイマーをセット

何か作業をする際、タイマーを近くに置いておく。

そして、子どもに呼ばれたら、

30分後とかにアラームが鳴るように設定、

作業中の机にアラームを置きっぱなしにして、子どもに駆けつける。

…というのはどうだろう。

アラームが鳴ったら、作業中の机まで止めにいく必要があるため、思い出すのに有効ではないか?と考えている。

まだ試したことはないが、一度やってみて効果を確かめたい。

さいごに

小さい子どもを育てながら、中断前の環境に戻るのは、たやすいことではない。

ひとりで、あるいは組織で仕事をしていた頃に比べると、ハードルがだいぶ高く感じる。

私の場合、そもそも何をやっていたのかを忘れてしまうことが多いから

どこかで「ハッと気付く」仕掛けをつくることにする。