ワイヤレスイヤホンを積極的に使いたい理由は、周囲の環境からシャットアウトするため

私は、ワイヤレスイヤホンを愛用しています。

気が乗らない家事をするとき、このイヤホンを装着して音楽を聴くと、いい感じに捗ります。ワイヤレスだから、家事の邪魔になりません。

元気があるときは、Kindleの音声読み上げ機能を使って本を読んで(?)います。

周囲の環境からシャットアウト

そして、何よりも、積極的に使いたい理由として

環境に呑まれて無気力にならないよう、耳から入る情報で断ち切りたい

というのがあります。

  • 満員電車など、そこにいるだけで気が滅入る環境にいるとき
  • やりたいことはどうせ出来ないよ、と思ってしまうようなとき
  • 周囲に気の合わない人物がいるとき(笑)

お気に入りの音楽をかけることは、いい気分を取り戻すことの助けになるな…といつも思います。

集中力を取り戻したいとき

また、集中力を取り戻したいときにも、イヤホンを使います。

私は、音楽をかけているほうが集中できます。

生活音だけでは、ついつい周囲が気になって集中できないのですが、音楽は一定のリズムを刻んでくれるから、それをかすかに感じていると周囲が気にならなくなるようです。

耳に入って心地よいと感じる音楽を選んで、聞き入らないようにします。

育児中も(小さい子は注意)

育児中もワイヤレスイヤホンを使うことがあります。子どもで手が離せないときでも、自分の心を保つのに大助かりです。

ただし…最近、10ヶ月の娘が、私の耳に装着されたイヤホンを発見したようで、取ろうとします…

ワイヤレスイヤホンは、小さい子どもが飲み込めるサイズ感なので、要注意です。

娘がある程度大きくなるまで、しばらく使用停止するかもしれません…