本当の私は、「ここにいたい!」と言っている。湘南ワークショップでの気づき

2018/06/29から07/01まで、下記のワークショップに参加しました。

転機の「鍵」は感性にある・湘南2泊3日ワークショップ開催! | 自分にOKを出して前に進む!

この記事では、このワークショップで感じたことを、とりとめもなく綴っています。

私は小さい頃から、つねに、安心感を求めていた。

その安心感とは、

「私はここにいていい」

というもの。

ワークショップでのグループワークをきっかけに、

小さい頃、キョロキョロしながら「私はここにいてもいいの・・・?」とよく感じていたことを、思い出している。なんとなく、だけれど。

私が小さい頃、お母さんは家事などで忙しそうで、私の目には、なんだか大変そうに見えたんだ。

「お母さんを困らせないようにしないと、」と思うようになった。

でも、ほんとうは、安心感がほしかった。お母さんからの絶対的な安心感がほしかった。

たぶん、それが得られなかったから、それをずっと追い求めてきたのかもしれない。

だから、お母さんの機嫌を、いつも伺っていた。

それはやがて、「ここにいてもいい?」と、周囲の顔を伺う癖となり。

そのうち、周囲に煙たがられないように

「私が障害物にならないようにしないと!」

の一心で、動くようになった。

そう思いながら、苦しくも必死に生きてきた。

思い通りに出来ると、私はそこそこ満足になる。

よく考えれば、マイナスがゼロになるだけなんだけど、

私の場合は、それで安心を得ることが出来る、というのが大きなメリットだった。

「お母さんのお荷物にならずに済んでよかった」と・・・

・・・でもそれって、ほんとうの「安心」なの??

安心感って、愛なんだね。

今回の公開セッションでは、全体的に「愛」がテーマになっていた気がする。

クライアントの家族の座を立てて、家族役の人がそれぞれ、感じたことを口にする、というワーク。

どんどん進んでいって、最後の方には「ここにいてくれて、ありがとう」「ずっと大好きだよ」という言葉や想いでいっぱい、その場が、溢れんばかりの愛に包まれていた。

私はたくさん泣いた。

共鳴したということは、私も愛を感じられるし、与えられる、ということだ。

私の中にある「愛」に、いよいよ目覚めつつある。

ワークショップの前に、夫からの手紙を読み返したときから、すべては始まっていたんだな、と思う。

湘南ワークショップ1日目_なりたい自分を叶えるday40 | たまにはゆるゆる暮らし

愛はここにある、という前提で、このワークショップに参加できて本当に良かった。

自ら心を閉ざし、感じようとしなかった時期もあったけれど、今なら、きっと感じられる。

思いっきり、感じよう。

本当の私は、「ここにいたい!」と言っている。

ずいぶんと長い間、存在否定ビリーフに翻弄されていた人生だったなあ、と思う。

でもそれに違和感を感じたということは、本当の願いが「私はここにいたい! 生きていたい!」だったということ。

ようやく気がついた。

本当の本当は、「私はここにいるよ!」という実感をもって、毎日をウキウキと過ごしたいんだ。

だから、これから少しずつ、生き方を変えていく。

欲しいものは、欲しいと言う。やりたいことは、やりたいと言う。

そして、これから生まれてくる赤ちゃんと一緒に、私自身も再誕生するんだ。