忙しくしていないといけない、だなんて。

忙しくしていないといけない、だなんて。

新入社員のころ、会社にいる時間はすべて、他の社員よりも業務が慌ただしくない自分に引け目を感じていた。

上司から質問しろ!と怒鳴られていたので
なりふりかまわず、先輩をとっつかまえては、質問していた。

忙しくなければならない
忙しい“フリ”をしなければならない

それはいつしか、仕事をするうえで、非常に「窮屈な」ものとなった。
忙しくなくても、つい雑務をとっつかまえては、忙しくしてしまう。
やらなくてもいけない雑用に走ってしまう。

職場だけじゃなく、家でも、
いろんな仕事をとっつかまえては、つぎつぎとこなしていく自分がいた。
そう、忙しい自分を演じるために。やらなくてもいい家事を延々とやり続けるのだ。

クリエイティブなアイディアを、何も考えずに。

ちょっと、考える時間を持とうじゃないの。

立ち止まって、自分はいま、何をしたいのかを考える。
忙しい自分を演じているときは、何も考えなくてもよかったから
ある意味、楽をしていたのかもしれない。

自分が何をしたいのか?が、すぐに思いつかなくなっていた。
それだけ、自分の感情を、大事にしてこなかった、ということだ。

イマココの自分が、直感で感じることに従って動いてみよう。