たちさんこと、立花岳志さんと初めて出会った日のことを振り返ってみる。

今日、2年前のメモ帳を引っ張り出し、当時のことを振り返ってみました。

立花岳志さんと初めて出会った日のこと

そういえば、2年前の8月、たちさんこと立花岳志さんと初めて出会いました。

▼ 立花岳志さんのブログ

No Second Life

初対面でコンサルティングから始めたことは、度々びっくりされるのですが、当時の私はそれくらい行き詰まっていたのです。

当時悩んでいたこと

・会議など、他人が話す合間に入り込むことができない

・言いたい言葉・書きたい言葉がすぐに思い浮かばない

・言いたいこと・伝えたいことが伝わらない

・どうせ自分の言うことなんて理解されない

・声が小さくて、話が聞き取りにくいと思うので、発言するのがこわい

・人から意見を求められると、すぐに言葉に出来ずに困る

・遠慮がち、自信なし

とにかく、人とうまく話をすることができない・うまく情報発信することが出来ないことに悩んでいたのです。

当時は遠慮がちで、自分に自信がなかった。

そんな自分が、情報発信することを怖がっていた。

それで、情報発信のプロに会って、相談しようと思ったのです。

ところが・・・

コンサルティングを終えて、たちさんから一言

「普通に話せてるじゃん!!むしろ話し方がクリアーなほう。話が聞き取りにくいと感じなかったよ。」

「へっ!?」

私はそこで、今までずっと

「正しく話さないといけない」

「うまく話さなくてはいけない」

という思い込みにとらわれていたことを発見したのです。

なんだ、思い込みだったのか。

自分はちゃんと話せるんじゃん。

このままの自分で大丈夫。

なんだか、自信が底からムクムクと湧き上がるのを感じたのです。

そこから始まった習慣化と、情報発信

コンサルティングをきっかけに「ブログを1日1記事更新」を習慣化することにしました。

それまで、ブログを開設してもすぐにやめてしまったのですが、取り戻した自信が手伝って、習慣化を成功させることができました。

そして、情報発信。

「立花ブログ・ブランディング塾(現在の立花Be・ブログ・ブランディング塾)」や、「ツナゲル・ライフ・インテグレーション講座」の受講等を通じて、自分の意見をどんどんと外へ発言できるようになりました。

それまで、どちらかというと内に引っ込んでばかりの人生でしたが、この2年間で本当に変わったな、と思います。

まとめ

ほんのすこしの勇気と行動で、人は変われる。

あのとき、自信がまるで無かった私に助言してくださったたちさんに、とても感謝しています。

そして、あのとき勇気をだして、コンサルティングに申し込んだ自分にも、ありがとうと言いたい。