「人間関係は自分を大事にする。から始めよう」を読んで。まずは自分自身に目を向けてみよう!と思えた。

お友達から紹介していただいた、こちらの本を読んでみました。

相手のことよりも、自分自身のほうに目を向けてみる

人とのかかわりの中で、相手の立場にたって考えようとはよく言われますが、

常に人の目を気にして、自分を押さえ込んでばかりいては、だんだんと、追い込められてしまうもの。

この本で紹介されている「ラビング・プレゼンス」では、

まず、自分自身に目を向けて、自分が”心地よさ”を感じるところから始めます。

いままで自分をあまり見ていなかった私にとっては、画期的な方法です。

自分の心地よさを味わうため、積極的に「受け取る側」になる。

本を読んでから、上記のことにチャレンジしています。

今までの私を省みると・・

  • 自分の意見は周囲に受け入れられないと思い込んでいる。
  • なので、自分の意見は話さないようにしている(無意識のうちにそうしているかも?)
  • 自分の意見はどうせ聞いてもらえないから、周りに合わせるしかない
  • 結果、どこか受け身の自分が出来上がっている。

見事に、自分自身を大切にしていない(笑)

まずは、最初の一歩として、日常生活の中で何か心地よさを積極的に感じるよう、意識してみます。

最後に

どうして「心地よさ」を大切にしていると、人間関係が変わるのか?

この本では、脳と心の仕組みの観点から理論的に説明されていて、分かりやすかったです。

「ラビング・プレゼンス」入門編として、とてもオススメの一冊です!