「アドラー心理学」をきっかけに、未完了の感情がどんどんでてくる

「アドラーに学ぶ部下育成の心理学」

by 小倉 広さん

昔、この本に書いてあることと真逆のことをされ続けていたから、

この本を読むと、いつも、自然と涙がでてくる。

過去の(おそらく未完了の感情が)ずるずると出てくるわ出てくるわ。

成果の出ない私は価値がない、いないほうがいい、と

自分をずっと責めつづけていた。

相手に怒りの矛先を向けようにも、怖くてできなかった。

何されるか分からない恐怖感、殺されるという思いと

いつも隣りあわせだったんだ。

おかげで、思い出すことができた。

さて、これから、楽しみのライブへ行ってきます♪