新しい世界を突き進みたいので、カウンセリングを受けました。

やりたいと思っているのに、なぜか動けない。

いろいろ、あれこれ考えすぎてしまって、いつの間にか、時ばかりが過ぎている・・

そんな状態から脱出して、新しい世界を突き進みたい! と思い、カウンセリングを受けることにしました。

菊地健介さんにお願いしました。

ホームページはこちら

心の設計書

幼少期に母親に対して感じていたことが、いまの私をつくっている

カウンセラーさんと対話を進めていく中で、幼少期の自分を思い出す時間がありました。

母は働いていたので、保育園への迎えの時間がいつも遅かったのです。

たいへんそうだなぁ。 

自分はしっかりしなきゃ。 

がんばらなきゃ。

そう感じていました。

その後も、いろいろなことを「がんばって」やってきました。

「~やらないといけない」「~したほうがいい」と感じながら。

それは自分にとって、楽しいことではありませんでしたが、そうしないといけないと、思い込んでいました。

幼少期に感じていたことが、いまの私をつくっていたとは。

今回のカウンセリングでいちばんの発見でした。

さて、冒頭のテーマはどうなった?

どうも最近、その「がんばらなきゃ」という思いが、カラ回りしていたようです。

ワークの中で「がんばらない自分」をイメージしてみたら、

なんだか、とっても楽しそうにしている姿でした。

がんばらなくても大丈夫、と思ってもいいんだな。

心がずいぶん軽くなりました。

そして、「がんばらないで、自分がとっても楽しい時間」を少しでも長く過ごしたい! と、心から思いました。

カウンセラーさんの力を借りると、問題解決のスピードが早くなる

もともと自己分析が好きな私ですが、今回カウンセリングを受けてみて、

これまでの分析がいかに主観的であったか、がよく分かりました。

長年悩んでいた事柄も、「なーんだそういうことだったのか!」と、あっというまに解決。

問題解決のスピードが早くなるのですね。

とても助かりました。