「嫌いなこと」から、自分の価値観を見つめてみよう。

あなたが嫌だと思う状況や、嫌いなものは何だろう?

ひとつひとつ調べて見ると、自分が大切にしている価値観が浮かび上がってくるかもしれません。

時間に余裕のない状況が嫌いだ

私の場合なのですが、好きだと思うことをやっていても、時に楽しめなかったり、イライラしてしまうことがあります。

どういうときにそうなるんだろう?と考えてみたところ、いつも時間に余裕のないときである ことがわかりました。

イマココに集中することがままならず、すぐさま、次の準備に取り掛からなくてはならない。

いつも、効率よく動くための策を考えていなければならない。

時間に間に合うように動かないといけない。

時間に追われて動いているうちに、好きなことが全然楽しめなくなってしまっていました。

時間に余裕があるとき、どう感じる?

では、その逆の状態・・時間に十分余裕がある!と思えるとき、私の心はどう感じているだろうか。

豊かで、満ち足りている気分である ことが多いです。

時間に追われることなく、今この瞬間を生きることができる状況に喜びを感じるようです。

「嫌いなこと」から、自分の価値観が浮かび上がってくる。

ここまでを振り返ってみると、私は「時間に余裕を持って過ごせる状況」を大切にしていることがわかりました。

今でこそ、確かにそうだな、と思いますが、これは意識に上がってくるまでなかなか気づきませんでした。

一方で、嫌いだと思うことは、比較的認識していることが多いので、そこから掘り下げていくと、無意識のうちに自分が大切に思っていることを発見できるかもしれません。