自分を信じるセラピー マインドフルネス・セラピー入門 by手塚 郁恵さん ~自分の内側に耳を傾ける~

どうしようもなく不安になったとき、
心がざわざわ、落ち着かないとき、
自己嫌悪の感じでいっぱいになったとき、

まずは、思考をいったんお休みして
からだで感じる感覚に耳を傾けてみると良いみたいです。

それは、マインドフルネス

マインドフルネスでは、以下のような動作をおこないます。ひとりの時がよいでしょう。

  • 楽な姿勢になって、耳に入ってくる音を感じ、呼吸に意識を向けてみる。
  • そして、自分の身体がどんな感じなのか、じっくり味わう

耳を澄ます感覚を、からだの内側に向けてみるのが特徴です。

自分を分かってくれる人がひとりでもいると、安心しますよね。マインドフルネスでは、自分が自分のことを分かってあげられるのです。

詳しく知りたい方は、この本を読んでみるといいと思います。

実際に、マインドフルネスに挑戦してみた

仕事の休憩中に、挑戦してみました。

私は緊張しやすく、職場にいるだけでも、いつもまにか張り詰めて
身体がガッチガチになってしまうのですが、

マインドフルネスの状態になったら
少し、緊張がほどけた感覚がありました。

とはいえ、自分の内側に意識を向けるのはまだまだ難しく感じます。
練習して、自分のモノにしたいと思います。

最後に

先に紹介した本のなかで、いちばん好きな文章。

「いのち」は、「自分を大事に生きること」を何よりも大事にしていると私は思います。
自分を大事に生きるということは、自分のそのとき、そのときのいちばん深い感覚に気づき、それを手がかりに生きることです。

日々の暮らしの中で、自分の感覚に気づいてあげる機会を増やしていき
それを大事にしてあげたら
自分に嘘をつかずに、自分らしさを取り戻す鍵になるかもしれません。