ダメにならないように、頑張らなくてはいけない。そう思い込んでいた自分を発見した出来事。

我が家は、オートロック付きの集合住宅です。

ある日、出勤前にゴミ出しをしたのですが、

ゴミが大量にあったので、一回戻ろうとしたところ

家の鍵を部屋に忘れてしまいました。

我が家はオートロックなので

鍵がないと、家に入ることができません。

同居する家族を呼ぼうと、呼出ベルを何度も押しましたが、何も反応なし。

そりゃそうですよね、

朝の6:30ですから、まだ眠っています。

そのとき湧き上がった感情を、冷静に見つめてみると

そのとき、家族に対し、この状況をどうして理解してくれないのか、

なんで私ばっかりがこんなに頑張っているのか、

という感情がむくむくと出てきました。

しかし、ふと思った。

あれ?

なんで私はこんなにカリカリしているの?

ゴミ出しを忘れないように、がんばらなくてはいけない

ダメにならないように、がんばらなくてはいけない

という意識(思い込み)が根底にあるんじゃない?

と、気付いたのです。

思い込みの苦しさを、自分で和らげてみる

そこで、

「別に頑張らなくても、あなたの価値は変わらないから、大丈夫だよ」

と、自分自身に声をかけてみることにしました。

不思議とそれだけで「あーそれでいいんだ」「頑張らなくても、何とかなるんだ」と思え

心がだいぶ軽くなり、

家族への怒りが鎮まっていきました。

その日1日を、穏やかに過ごすことが出来ました。

心がざわついたら、それは自己探求のチャンスだ。

怒りの感情が出てきたときや、落ち込んでしまったときなどには、自分の深〜い意識にある思い込みに気付きやすいのではないかと思います。

そのとき、心の中に浮かんだ言葉や気持ちを、ただそのままノートに書き記す。

それだけでも、後で振り返ったときに、多くの気付きを得ることが出来ます。

私は今日の出来事のように、これからも、心の奥底にある「思い込み」をどんどん解放していきたいと思います。