「しなければいけない」から、「したい」へ

私、時間は効率良く使わなければいけない、とずっと思っていました。

ゆっくり体質だから、効率よくしていないとダメになる、と思いこんでいたからです。

効率良く出来ていない現状を見て「そんなんじゃダメだ!」

効率良く出来ても「これで当然」

・・正直、とても苦しかったです。

 

今は違う。

時間を効率良く使うよう、意識していることに変わりはないけれども、

「もっともっと、時間を効率良く使いたい!」

と思うようになりました。

おぼろげながら、人生の目標が見えてきました。

時間をうまくやりくりして、少しずつ、その目標へと近づけていきたい、と考えるようになったからです。

時間をうまく使えた時、とても嬉しい。

うまく使えなかったときは今も落ち込みますが、「ああ、そうか。」と事実をありのまま受け容れて、同じことを繰り返さないように工夫すればいいのです。