暮らしは良くなると、信じられるようになったきっかけ

3年前の私は、いろいろな「やるべきこと」に追われ、毎日疲れ果てていました。

会社で自分の意見をうまく伝えることが出来ない。
雑務に追われ、慌ただしい毎日。
周りとのコミュニケーションがおっくう。
やるべき家事がきちんとやれていない。
お部屋が片付いていない。
勉強が思うようにできない。
お金の管理が出来ていない。
心に余裕がない。休まないとどうにも動けない・・・

▲ 大変恥ずかしいのですが、当時のお部屋は散らかりっぱなし。

でも生活や仕事の環境をよくしたい!!という思いだけは大きく。
ある日、整理収納コンサルタントさんにアドバイスをお願いしたとき、次のお言葉をいただきました。

「暮らしは、より良くなりますよ!」

そう言われると、本当に、暮らしがどんどん良くなるような気がして、とてもうれしかったです。少しずつ良くなっていく自分をイメージすることが出来ました。

それ以来、少しずつ改善を重ねていき、
今では、片付いたお部屋の中で、栄養バランスに気を付けた食事をとり、家計簿をきちんとつけて、だらだら過ごす時間が減り、
ほぼ毎日、お弁当作りまで出来るようになりました。

現在も「心身をととのえ、毎日をどんどん良くする」挑戦を継続中です。
今の課題は以下のとおりです。

・自分という存在をまるごと受けいれる
・コミュニケーションをこわがらない