幼少期の記憶を、またひとつ思い出した。その記憶から繋がる、いまの行動の癖。

幼少期、早くしなさい!とせかされていた

そういえば、私は幼少期に、周囲の大人たちから、早くしなさいとせかされていた気がする。

  • 早く身支度をしないと、みんなに置いていかれる
  • 給食を早く食べおわらないと、ずっと居残りさせられる

などなど。

だめになる・・というのは、

みんなに置いていかれる、という感覚と一緒のような気がする。

みんなに置いていかれるのが嫌いで、わざとひとりが好きな風を装ったりしてたっけ。

はたまた、ほかにみんなに負けないことをみつけて、それをすごい頑張ったり。自分は特別なんだよ!と思い込んで、それを無理やり「置いていかれる」理由にしていた。

しかも時々、自分のこと置いていった人を攻撃してたなー。

あああ・・

「早くしないとだめになる」という思い込みから生まれた行動の癖

「早くしないと、効率よくやらないと、ダメになる」という思い込みは、自分を厳しくすることにつながる。

そして、早くやろうとしない他人にも厳しくなる。

また、この思い込みは、時間をかけて目標達成することに対し、価値を見出せなくなるのではないか、と最近気づいた。

いつも目先のことしか考えられなくなるので。

そのため、目標へ向かって頑張ることを、だんだんとやらなくなっていったのではないか?

思い込みがわかっただけでも進歩

今回は、自分にはその思い込みがある、と認識したところまでだが、それだけでも進歩ではないか、と思う。

気づいたら、手放すのはそう難しくはないはず。