世界で一番楽チンな奇跡の起こし方 宇宙におまかせ! by 大木ゆきのさん 自分は十分豊かだと気づいた一冊

私はここ数年で、人生は流されたほうがうまくいくこともある、と思えるようになった。

いいや、流されているように見えるけれども、実は自分が望む方向へ運ばれている、といったほうが近い。

この本では、「宇宙におまかせ!」と比較的ライトな語り口で書かれているが、自分の変容を起こし、奇跡を起こすために必要なレッスンが書かれている。

 

本書の構成は以下のとおり。

ステップ1 やらなくてもいいことをやめ、制限をはずす
ステップ2 自分を大切に扱い、「受け取ること」に慣れる
ステップ3 よけいな思考を手放し、宇宙に同調する
ステップ4 チラッと思ったことを、実現させる
ステップ5 魂の声を聞き、自動的に奇跡を起こす

理想なんて所詮「自分の頭でしか考えられないこと」

理想ってどうしても、自分が知っていることを前提に考えてしまうんですよね。
だから、それにとらわれていては、想定外のことや、思った以上のものを受け取ることができない。

そこで、
「思った以上の人生になる」
と決める。

そうすることで、自分の可能性を無限大に広げることができる。

人生は、日常のささいなきっかけで変わる

毎日使うお箸が、とっても使いやすくて、持つだけで幸せな気持ちになれるものだったたら、使う度に幸せな気持ちで一杯になる。
だったら、それを持つことを、自分に許す。

たとえば、箸ひとつを使うにしても、自分がいいと思ったものを選んで、使う。

その積み重ねが、自分らしい生き方をするためのレッスンとなるのだ。

思考のおしゃべりを止めて、静かに自分自身と向き合う時間をつくる

それには、瞑想が効果的だ。

1日のうちに、わずか数分でも、思考から離れる時間を持つだけで、至福の時間を味わえるようになるのだそう。

そこで今日、5分間時間を計り、瞑想を行ってみました。思考のおしゃべりがだんだんと遠のき、無が広がる。

穏やかさが広がる。心身ともにゆったり、落ち着いている。それはとても、豊かな時間だと感じました。

毎日の習慣にしたい。

最後に 誰もがもともと、ありのままで完全な存在。

「わたしはよくやってきた。どんなにすごいことも受け取って当然です」

と自分に言ってあげること。

これを読むだけで、涙が出てきてしまいました。

自分は十分豊かな存在なんだと感じること。

誰もがもともと、ありのままで完全な存在であること。

その満たされた感じをいつも持っていたいものです。