私の心を盛り上げよう、香りでスイッチオン!

何かしようとするものの、どうも気がのらないとき、私は以下のことに取り組んでいます。

  • とりあえず体を動かしてみる。
  • 感じることを大切にする。
  • 香りを使って気分を変える。
  • 場所を変えてみる。

今回は「香りを変えて気分を変える」ことについて、お話したいと思います。

香りを楽しむだけでOK!

1 自分のすきな香りを用意します。

2 周囲をすきな香りで満たします。

爽やかな香りのルームスプレーを吹きかけてもいいですね。

それだけでも、いつの間にかリラックスして、気分転換できてしまいます。

嗅覚のメカニズムをうまく利用しよう

嗅覚でとらえた刺激は、大脳皮質での解釈を通さずに、直接大脳辺縁系へ届けられます。

大脳辺縁系は、人間の本能的な活動や情緒、記憶などをつかさどる場所。

そのため、香りを認識しなくても、すぐにいい気分になったり、やる気を感じたりするのです。

また、その作用は、香りの種類や、その人の好みによって異なります。

香りだけで気分転換できるとは、とても手軽でよいと思いませんか?

ちなみに、このメカニズム、気分転換だけでなく、自分のステージを上げるときにも大いに役立つかも・・なんて思っています。

気分を上げたいときにおすすめの香り

いくつかの精油をご紹介します。

レモン

香りは絞ったレモンそのものの香りです。

酸味のある爽やかな香りが、思うように動きたい思いをアシストしてくれます。

ローズマリー

スーッとしたハーブ調の香りです。

目を覚ましたいとき、集中力を高めたいときに良いです。

ジンジャー

レモン調のスパイシーな香り。

体をあたためるだけでなく、内からの情熱を高めてくれる気がします。

最後に

ここぞという時に、心を整えたい時に。そして、自分の心がぶれないように。

お気に入りの香りを暮らしの中に取り入れ、上手に気分をととのえ

彩りよい人生を過ごしていきたいと思います。