アイロンマット、省スペースでも使うときは働き者である

先日、我が家に「アイロンマット」を導入しました。

なぜ「アイロンマット」なのか

引っ越しのタイミングで、アイロン台を新調しようとしていました。

しかし、アイロン台がない期間、ダイニングテーブルの上に新聞紙を広げ、アイロン台代わりに使っていたら

「アイロン台代わりにテーブルは使える」ことを発見しました。

座りながらアイロンかけられるし。

アイロンマットを選んだポイント

アイロンをかける衣類はどの素材が使われていることが多いか、がポイントになると思います。

私の場合、綿や麻などの天然素材が多く、それらは高温でプレスしないとシワが伸びません。

したがって、アイロンマットも熱に強い素材であることが必要と判断。綿100%のアルミコーティングのものにしました。

もしアイロンかける衣類がほぼ化繊であれば、化繊の入っているマットでもいいのかもしれません。

アイロンマット使用時の注意点

これは、実際に使ってみて気づいたのですが、

テーブルに直にマットを敷いてアイロンすると、テーブルが熱で傷んでしまいます。

アイロンマットの下に、熱を吸収する別のマットを敷いてからアイロンをかけましょう。

最後に

アイロンマットは使わないときはコンパクトに畳めるので、場所をとらず快適です。

省スペースながらも、我が家の働き者になってくれそうです。