気分がのらないときは、あえて外出して気分を上げる、少しずつ動いてみる

理由はないけれど、気分がのらないことが、私にはよくあります。

気分がのらない、停滞した時間を乗り越えるために、心がけていることを書きました。

あえて外出して気分を上げる

私は気分がのらないとき、密かに「自分を盛り上げる作戦」を立てています。

行きつけのお気に入りのカフェへ行く、近所へ散歩へ行く、など。自分が気に入っている場所の雰囲気を味わいに、外出することが多いです。

なぜそうするのかというと、気分が乗るとき、何をしても幸せな気分になれるが、気分がのらないときは、自分の力で気分を上げることが難しいからです。

難しいなら、一歩外へ出てみる、窓を開けるだけでもいい。外の空気を吸うことで、気分が変わります。

少しずつ動いてみる

なんだかモヤモヤしているときは、頭でぐるぐる、考えてばかりの時が多いです。

そんなときはいつも、最初の一歩から始めます。

料理をするなら材料を調理台の上に置く、野菜を切る、そこから。

いいウォーミングアップになるようで、次の活動への弾みが生まれます。

単純作業から始めるのも良いです。

自分にあった「気分を上げる方法」

他にも気分を上げる方法はいろいろ。「お気に入りの洋服を着る」「アップテンポの音楽をかける」などなど…

でも、私に合っている方法は

  • あえて外出して気分を上げる
  • 少しずつ動いてみる

なのです。

私が環境に影響されやすい人間だから、あえて外出する方法をとる。

頭でっかちでぐるぐる考えがちだから、身体を動かしてみる。

自分をよく知ることが大切だなと、改めて感じさせられます。