自分の中にある「怒り」を、ごまかそうとしてないかい?

自分の中にある「怒り」を、ごまかそうとしてないかい?

ひどく汚い言葉を投げつけられたこともあるし、
思いがけず、不当な扱いを受けたことだってある。

そんなときいつも、その状況について飲み込もうと頑張ってしまう。
あるいは、「怒り」の感情をごまかそうと、その状況で良かったとか、それは今の私に必要なものだとか、いろいろ正当化しはじめる。

そういう人々は、いっぱいいると思う。
でも・・・

自分の中にある「怒りの感情」を、ごまかそうとしてないかい?

もう頑張らなくていいし、「怒りの感情」をなかったことにしなくていい。

怒りの気持ちがあることを、外に言ったっていいじゃない。
表にだしても、案外大丈夫だったりする。

自分の気持ちを伝えるのは、勇気がいることだけれど、
それを聞いてくれる人たちはちゃんといる。

自分がどう受け取るかは、自分の問題なのだから
もっと堂々としていたっていいじゃない。