存在否定ビリーフの開放と、ジンジャーの香り

なんだか知らないけれど、最近ジンジャーの香りがもっと好きになりました。

そこで、ジンジャーの心理面への働き方を見たら、自分の心の変化を確かに捉えていたので、今日はそのお話をしようと思います。

「存在否定ビリーフ」の開放

いきなりですが、ビリーフのお話を。

私は4月にビリーフリセット・セッションを受けて、自分のビリーフと向き合い、「存在否定ビリーフ」なるものを手放しました。

「存在否定ビリーフ」とは何か?

このビリーフを持っていると「自分はいないほうがいい」「自分は死んだほうがいい」と無意識で感じてしまうのです。

それは無意識で感じてることなので、表には上がってこないのですが、

生きることがしんどいなーとか、何もしたくないなー、という思いになってあらわれてきます。無気力感で動けなくなることもあるそうです。怖いですね・・

私も確かに、生きるのしんどいとずっと思っていたし、無気力状態になることが多かったのです。

そのビリーフが外れてからは、無気力になることがほとんどなくなりました。

ジンジャーの香りがもっと好きに!

さて、最近やたらと好きなジンジャーについて考えます。

ジンジャーは根から抽出されるので、地盤をしっかりするエネルギーに満ちています。

心理作用としては、安定・安心感を与えてくれる。自分がここに存在することに対して、安心感を与えてくれる香り。

身体作用でも、気力回復、活性化というキーワードがあります。自分がエネルギー不足のときに、とっても役立つ精油です。

もっと自分の土台を作ろう。もっとパワフルになろう。

ひとつビリーフが外れてから、自分の可能性をもっと信じられるようになりました。

きっと本来の自分はフットワークが軽くて、キビキビしている。自分の能力を活かして大活躍している。

その土台には不安感でなく、安心感があることを実感しています。

今まさに、地盤を整え、活性化しようとしているとき。だから、ジンジャーの香りに惹かれるのかな、と思いました。

自分の人生を、自分の足で生きるために、もっと自分の土台を作ろう。もっとパワフルになろう。

まとめ

いまの気分と、心惹かれる精油の作用との関連性が、とても面白いです。

他の精油についても勉強を重ね、実践していきたいです。

 

なお、今回紹介した「存在否定ビリーフ」については、ビリーフリセット・カウンセラーの大塚 彩子さんのブログに詳しく書いてあります。

生きるのがしんどい人は「いのちの逆回転」をやっている | 自分にOKを出して前に進む!