暮らしにアロマを使う(2)〜掃除と組み合わせると楽しい

今回は、掃除に使えるアロマのお話をしたいと思います。

キッチンの油汚れにオレンジなどの柑橘系

例えば、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系精油の主成分

モノテルペン炭化水素類:d-リモネン96%

は、油と合わさって落としやすくすると言われています。

しかし、それだけだと弱いので、

汚れを中和してくれる重曹やクエン酸と一緒に使ったり

油汚れをあらかじめキッチンタオルで拭いておくと良いです。

キッチンのちょっとした汚れにつかえるスプレー

作ってみました。

【用意するもの】

  • 無水エタノール
  • 精製水
  • 柑橘系の精油
  • スプレー容器

【手順】

  1. ビーカーで無水エタノール10ccを量り取り、スプレー容器に入れる
  2. エタノールが入ったスプレー容器に、精油を10滴加えて軽く振る
  3. 精製水を30cc程度入れる

【注意点】

作ったスプレーは1週間以内に使い切りましょう。

油で汚れたコンロに使ってみた

今回は軽度の汚れに使いました。

あらかじめ、油を軽く拭いておいたコンロに、まんべんなくスプレー。

布巾で磨くようにして拭き取ると、おおよそ汚れが取れたようです。

爽やかな香りが広がり、とてもいい気分になりました。

トイレ掃除にハッカ、ペパーミントなど

これらは「汚れをおとしやすくする」というよりも、「スーッとした清涼感のある香り」を利用して、掃除の時間を快適に過ごせるようにするものです。

私は床を水拭きするとき、このように使っています。

  1. いらない布切れをぬらしてよく絞る。
  2. ハッカ油、またはペパーミント油を2〜3滴落とす。
  3. 精油を落とした面を下にして、水拭きする。

そうするとすぐに、スーっと爽やかな香りが広がって気持ちがいいです。

まとめ

今回、油汚れに役立つ精油と、清涼感を楽しむための精油を紹介しました。

好きな香りと組み合わせると、おっくうと感じる掃除も少し楽しくなるかもしれません!