誤解される、という強い恐怖と向き合っている

私は、人に誤解される、ということにひときわ強い恐怖心があるようだ。

だからか、自分の気持ちや意見を言うことに、いまだに抵抗感を感じている。

そして、その恐怖心は、今まさに悩んでいる「一歩前へ踏み出すことができない」状態をつくりだしているのではないか? と思ったのだ。

 

どうも、自分はやれないと思ってしまう。めんどくさいと思ってしまう。

それを突破することが、大きく前進するきっかけとなるんだと、頭ではわかっているのに。

とりあえず今は、思ったことをポンポン声に出して言えないように、行動にもブレーキがかかってるなーと客観視している。