不安感と、未完了の感情と、アロマセラピー

今朝、どこからともなく、不安感がやってきた。

どういう不安なのか?

時々、朝起きた瞬間から、不安感でいっぱいの時がある。

どうして不安になっているのかは分からず、もやーんと不安なのだ。

でも、今日はその気持ちを見過ごしたくなかった。

そこで、かつて同じような気持ちを味わった頃のことを思い出すことにした。

未完了の感情に行き着く

そう、5年前の私。ちょうど、仕事に行き詰まっていた頃と同じような不安感だ。

その頃、なにをやってもうまくいかず、また自らの態度について相当責められたこともあり、ひどい無力感を味わっていた。

自分の力では、何にもできない。自分は何にも変わらない。何をしたって無駄ではないか? ただ足踏みしているだけなんじゃない? いつもと同じなんだよ。いつまでも、今のまんまで、進歩していないんだよ!

そして、一歩を踏み出すのがこわい。再出発するのがもう遅いのだから、もう失敗してはならない。一回失敗しているから、もう二度の失敗は許されない。

その感情は、これからも必要?

実はこの感情、今まで捨てずに、ずっと大切にしてきた。

なぜなら5年前「こんなんじゃいかんよ!」と言われたことは、確かにそうだと納得したから。けっして忘れてはいけない、大切なことだと思っていた。

そして、そのときに味わった、もう人生に行き詰ってしまったような気持ちも、ずーっと捨てずに大切にしてきたようだ。

でも、その感情は、これからの人生において、ただの足かせにしかならない、と思った。不安な気持ちでいっぱいでいるかぎり、次のステージへ進むことがとても困難だと感じた。

だから、手放そうと思った。

アロマセラピーを使って、未完了の感情を手放す

そこで、完全に自己流でセラピーを試みることにした。

使用したエッセンシャルオイル:ジュニパーベリー

これは、サイキック・プロテクターとも呼ばれるエッセンシャルオイル。自分のエネルギーを外部から守ってくれる。失敗を恐れる不安感を浄化してくれる。

未完了の感情を思い出しつつ、ジュニパーベリーの香りを鼻から全身で感じる。

そして、自分の中から出てきた感じを味わう。

甘い香りだな、と感じ、縮こまっていた心がゆるゆるほどけていった。

一生懸命、変わらなきゃいけない、と思い込んでいたのかな。

私は、自分の力で、今の現状を変えられる。

これから自分を変えていくのか、変えていかないのかは、私が決められる。

やっぱり、変わりたい!

今日の香りの印象

甘いながらも、何か意志のような力強さを感じられた。

これからも何回か、不安な気持ちが襲ってくると思うが、この香りをお守りがわりにしたい。気持ちを転換させ、前へ進ませてくれるだろう。