耳栓が欠かせない。「私が望む生き方」へ

耳栓を持ち歩く毎日

最近、耳栓が欠かせません。

始業前に。仕事中にこっそり(まわりがうるさいときは片方だけ、とか)。昼休み、自席で昼食を取るとき。

どうしても、周りがワイワイガヤガヤしていると、落ち着かないのです・・。

そして、家でもどんどん使っています。部屋で本を読むとき、寝るときまで・・

ワイワイ賑やかな場所がどうにも苦手である。

周りで誰かが大声で話していると、気になってしまいます。自分の意識が引きずられていく感覚があって、それがどうにも気持ち悪い。

なので極力、賑やかな場所は避けて、静かな場所を選びたいのですが・・都心で働いていると、なかなかそうは行かないもの。

耳栓を持ち歩いていると、ランチで外に出るときなど、賑やかな状況にいないといけないときに重宝します。

また、家族がテレビを見ているときにも耳栓を使っています。番組にもよりますが。

やっぱりワイワイ、ガヤガヤしている音が苦手なのかもしれません。

「私が望む生き方」に近づけるようにする。

日常的に耳栓を使うようになったのは、私が望む生き方をしたい! という思いの表れなのだろう。

なるべくノイズを取り除いて、本質が見えるようにしたい。

シンプルに生きたい。

自分が望む環境に近づけるよう、少しずつ改善していくのは何とも気持ちがよい。