レシートを整理しているときに感じた、お金に対する感情

今日は、昨年分の溜まったレシートを整理していました。

家計簿とか、コツコツと帳簿につけることが苦手なので、レシートが山のように溜まっています。。

第一段階として、レシートを月ごとにまとめるのは既にやっていたので、

今日は、レシートを一枚一枚、アプリに入力するところから始めました。(あらかじめ月ごとにまとめておくと、入力がしやすい)

レシートを整理しているときに感じた、お金に対する感情

レシートを一枚一枚見るので、必然的に、お金の使いみちを振り返ることになります。思っていたよりも、お金がかかっていることにびっくり。

こんなにお金を使ってしまっていたのだな・・ああー。

という後ろめたさと、静かに戦っていました。

そして、

この身分で、こんなにお金を使ってていいのだろうか??

という感情も湧いていたように思います。

普段、「必要なとき以外は、なるべくお金を使わないようにしよう」と心がけていたはずなのに。

なんだか、お金というものに恐怖を感じてしまっていますね・・

それで、家計簿からついつい遠ざかってしまうのでしょう。

発想の転換!レシートを見るたびに「よかったこと」を思い出そう

お金に困らなくなるためには、お金に対する価値観を変える必要があります。

そこで、まずは

レシートを見るたびに「よかったこと」を思い出そう!

と思いつきました。

例えば、

美容院のレシートを見て「セットがしやすく、素敵な髪型になったから、毎日が気分良くなった!」

スーパーのレシートを見て「栄養素たっぷりの食事の材料を買えたから、私たちの健康を支えてくれた!」

そうやって、お金に感謝の気持ちを乗せると、どんどん気分も良くなっていくでしょう。

次にレシートを整理するとき、試してみようと思います。