マインドフルネスと、アロマセラピートリートメントとのつながりを考える。

いつからか、アロマセラピートリートメントを受けることが好きになりました。

セラピストが身体に触れるだけなのに、心身ともにリフレッシュできる。心に充足感が広がる。

どうしてなのか?

マインドフルネスの観点で考えてみました。

マインドフルネスと、アロマセラピートリートメントは関連性がある?

アロマトリートメントを受けることで得られる効果のひとつに、心への作用があります。

いわゆる「手当て」をほどこすことで、体の痛い部分が少しラクになったり、心の緊張がほぐれたりすることがあります。

それは、肉体の感覚に意識を向け「イマココ」をじっくり味わうからではないか?

と思うのです。

施術中は何も考えず、ただ、セラピストが触れている部分を意識しているだけ。

自分が不調だな、と感じていることを、ただ感じているだけ。

そう、あの時間は「自分の感覚としっかり向き合っている」時間なんです。

マインドフルネスでも、思考をいったんお休みして、からだで感じる感覚に耳を傾けてみることを大切にしています。

関連記事:自分を信じるセラピー マインドフルネス・セラピー入門 by手塚 郁恵さん ~自分の内側に耳を傾ける~ | すこやかで心地よい暮らしづくり

呼吸に意識を向けながら、どんどん身体の内側に意識を向けていく過程は、アロマセラピートリートメントを受けている時の感覚と似ています。

アロマセラピートリートメントをほどこすことで、マインドフルネスの状態へ近づきやすくなる。その結果、心により充足をもたらすことができるのでは?と考えます。

最後に

アロマセラピートリートメントは、身体・心・精神のバランシングをするといわれています。

私たちの土台の部分を整えていくことで、よりすこやかに、自分らしい生き方へと近づけるようになるかもしれません。

2017年4月のアロマセラピー・セッション募集中です。

詳細はこちらをご覧ください。