ひとりの時間は、豊かな時間。灯台の時間を持つ。

ひとりでいるとき、何をしていますか?

日頃たくさんのことをこなしていると、ひとりでいるときも、あれこれ考えが浮かび、思考活動に忙しく過ごすこともあるでしょう。


じっくり、自分自身を見つめることは、意外と難しい。

毎日、たくさんのことをこなして過ごすのに慣れてしまうと、なおさらだ。いろんなタスクに大事なものが埋もれてしまう。

1日に1回、たった15分でも構わない。灯台の時間を持とう。

自分の一日の過ごし方を、灯台になった気分で客観視しよう。

せわしなく生きる行動パターンに気づき、それをいったん外れて、自分が本当に大事にしていることを思い出す時間にしよう。

まずは、今、ここに自分が存在していることに集中する。


カフェにいるときでも、散歩しているときでも。学んだことを復習するときでも。

自分自身にしっかり向き合う時間帯、心で感じてる感覚を味わう。

重たい感じがする?

つっかえる感じがする?

押さえつけられて圧迫感がある?

自分の中にある「その感じ」を味わい、大切にしよう。

それはきっと、次へのステップへとつながる鍵になるはず。


私がこれからやりたいことは、

1週間に1回、その週の振り返りと、次の週の計画をおおざっぱに立てること。

行動パターンを少しずつ変えていって、夢を叶える自分になるため、ひとりの時間に、自分を客観視する力を養いたい。