その日の体調の良さは、素晴らしい人生を作る。わたしの取り組みについて

体調が良い時と、悪い時があります。

体調が良いと、集中力がアップし、考え方も楽観的になる気がします。他人にも優しくなれるでしょう。一方、体調が悪いと、起きているだけでも辛い。物事を悪いほうに、悪いほうに考えてしまう。

わたしは体調が良い時と悪い時とでは、まるで別人のようになります。

良い時はキビキビしていて、心は穏やかなのに、悪い時はとにかく眠っていたい、何もする気になれないのです。

ある時、気がつきました。

人生をより豊かなものにするには、健康にものすごく注意を払わねば!と。

それから、日頃から健康に十分気をつけて、体調が良い時間を増やすように心がけています。

体調が悪い時間を少しでも減らしたい!ポイントは「体液循環を良くする」

以下は、私なりの取り組みです。

  • 毎日少しずつ運動をする。
  • 体を冷やさない。特に足元をしっかり温める。
  • 毎日お風呂に浸かってから眠る。私は半身浴をしています。
  • 鎮痛剤はなるべく飲まない
  • 甘いものを極力控える

などなど・・

いちばん意識していることは、体液循環を良くすること

細胞に栄養を送り届け、老廃物を取り除く。これが正常に行われると、細胞は元気に、体全体も元気でいられると思っています。

さらに健康になるために取り組みたいこと

私はこれから、体調の良い時間をもっとたくさん作りたいと思っています。

いま取り組みたいことは

・眼精疲労を低減する。暗闇の中で本を読まない。

・受動的に仕事をするのをやめる。自ら進んで仕事する。

・ヨガと瞑想・・心と体をつなぐ

です。

一気に取り組むのは難しそうですが、少しずつ整えていきたいです!