日々を過ごす中で、静寂を感じて豊かになる。

ぐっすり眠った翌日、体が軽くて頭の中が静か。

足元がぽかぽかあたたかく、呼吸が深い。

そのような、心身の状態がよいとき、頭の中に静寂が訪れやすくなります。

そのとき、どんな状態?

時間に追われる感覚が少なくなる。例えば、約束の時間に、ちょっと遅れてもいいやーと思える。

出かけていても疲れにくい。

ずーっとリラックスした状態で過ごすことが出来る。

そんなとき、ふと外を見ると、夜空に星がまたたいているなーと感じたり、月がきれいだなーと感じたり。「イマココ」の感覚に集中していられるのです。

静寂な時間は、私達の生活に大切なもの

頭の中がクリアに近づいた、静寂な時間。

今、いろんな情報にあふれていますが、たまには静寂な時間を過ごすことによって、自分自身とじっくりと向き合うことが重要だと思います。

自分を内省することで、自分が本当に大切にしているものを思い出させてくれます。

静寂を感じるために、日々、ベストの体調でいられるように工夫したいです。

これからの季節、静寂を感じるにはピッタリの季節ですね。