謝ってばかりいる人生を卒業するための取り組み

実は、私は、少し前まで、謝ってばかりいました。

周囲にはよく「そんなに謝らなくていいのに」と言われていたのですが。

自分のやっていることが、だれかの不快になっているかもしれない。

何かあったとき、自分が悪くなくても、とりあえず謝っておけば、まあるく収まる。

そのような思い込みがあったからか、いつのまにか「謝りグセ」がついてしまっていました。

step1.なんでも謝ることをやめる

今年に入って、そんな自分にひどく違和感を感じたのがきっかけで、

「謝ってばかりいる人生」から卒業しよう!と決意。

まずは、なんでも謝ることをやめてみました。

  • 謝るまえに「ここは謝らなくてもいいんじゃないの」と自分ツッコミ
  • 「ごめんなさい」を「ありがとう」に変換する
  • 文章で思いを伝えるとき、なるべく「ごめんなさい」を使わないよう工夫する。案外何とかなる
  • 本当に申し訳ないことをしたときだけ謝ると決める
  • 悪いのは自分だけじゃない。たまたまタイミングが悪かっただけかも
  • 褒められたら、素直に受け取る

以上を心がけるだけでも、だいぶ謝らないようになれました。

step2.自己否定をやめる

私の謝りグセは、ひどい自己否定から来ていたのでは?と分析。

自己肯定感がものすごい低かったんです。

周囲で何か悪いことがあると「自分のせい!?」と反応したり、良いことがあっても「それはまぐれだよ」と思い直したりするのは日時茶飯事でした。

また、うまく出来ない自分を、常に責め続けていました。

(この癖は幼少期の出来事によるものらしいのですが、その話はまた今度)

そこで、自己否定をやめるべく

「いまの自分のままで素晴らしい」と、自分をまるごと認めてあげることにしました。

img_0031

ワークに取り組む中で感じる効果

上記のワークに取り組むにつれて、じわじわとよい効果があらわれています。

  • 不安に襲われることが減った
  • 前よりもやる気が上がった
  • 将来を信じられるようになった

心がけと行動を少し変えるだけで、生きるのが前よりもラクになったような。

もっと高めていきたいと思います。