感情が高ぶり眠れないときに、セラピーの力を借りてみる

同居人である夫と私は生活時間が少々ずれています。私は朝は遅くとも6時には起床、11時台に就寝。夫は8〜9時の間に起きて、26時に眠る。

そういうすれ違いが積もりに積もって、先日、ついに怒りが爆発してしまいました。

そして困ったことに、布団に入って眠ろうとしても、なかなか眠れないのです。感情が高ぶっていたからでしょう。

アロマセラピーで心を落ち着かせる

自律神経のバランスを整えるため、香りの力を借りることにしました。

自分にとって心地よい香りを選んだら、次のとおりになりました。

ベルガモット/タイムリナロール/ローズオットー

枕元に数滴ずつ落としたら、ふわりと優しい香りが広がり、いつのまにか眠りにつくことができました。

もっとアロマセラピーを活用したい

最近、アロマセラピーからすこし離れてしまったのですが、このできごとをきっかけに、活用の幅を広げたいと思いました。

ちなみに、夫とは仲直りして、良好な関係に戻りました。