停滞の時期を過ごす自分を客観的に見つめてみる

私には、やる気に満ち溢れ、パワーがみなぎっている時期と、気が停滞してずーんと落ち込んでいる時期とが、交互にやってくる。

それは、2〜3ヶ月ごとに切り替わっているような気がする。

今は、気が停滞している時期にあたる。家でひとり横たわり、心も気分もずいぶん沈んでいる。

ずーん。ずーんと。

どうして、こんな人生になってしまったのか??と、時々思う。

そうは嘆きたくないから、今まで感じないフリをしていたけれど、もういい加減、自分に向き合わないと。

でも、、何もしたくない。

ただただ、横になっていたい。

それでも、この記事を書いていて、客観的に感じたことがある。

私はこのパターンを何度も繰り返している。だから、きっとそのうち回復するだろう、と。

そのときが来るまで、存分に休んでていいよ。と自分に言ってあげよう。