これからは、言葉で伝えていくことを、もっと真面目にやる。

私は人と話をするのに苦手意識があったり、文章を書くのにすごく時間がかかったりするので、「言葉で伝える」ことを途中で諦めてしまうことがよくあった。

言ってもどうせ聞いてくれないだろう。

書いてもどうせ読んでくれないだろう。

いままでそれで、悲しい思いをたくさんためていたんだと思う。

本当は、誰かに私の想いを聞いて欲しかった。書いたものを読んで欲しかった。

何も書かなかったら、何も始まらない。

これまで、このブログには私の好きなもの、日常、考えていることを書き綴ってきた。

ただ、いま振り返ると、意識して無難な言葉を選んで書いていたような気がする。なんというか、無味乾燥というか。どうも、私の想いが文章にのっていない感じがするのだ。

かといって、想いが何もないわけではない。私の想いを文章に起こすには、ちょっと時間がかかるのだ。これは、昔から悩んでいる私の性質で、思ったことをポンとすぐに言葉にすることが出来ないのだ。

それは、人とコミュニケーションを取るときに支障になることがある。周囲でポンポンとテンポよく話している中に、自分からなかなか話を切り出せなかったり、急に意見を求められたときに頭が真っ白になってしまって何も言えなかったり、挙げればキリがない。

話が逸れたが、私はいままでそういう性質があると認めながらも、薄っぺらい文章に逃げていたように思う。だってそのほうが楽だし、毎日更新できるのだ。自分の想いをきちんと引き出して、言葉にする時間をきちんと確保しようとせずに。

それでは本質は何も伝わらないし、私の想いが誰かの心に届くなんて永遠にない。

これからは、自分の想いをきちんと伝える。

実のところ、いままで、ブログを書く時間をあまり重視していなかった。書ける時に書く、という感じだった。

でも、ブログにきちんと向き合い、自分の想いをきちんと表現していこうとするなら、今まで以上のまとまった時間を確保する必要がある。

もしかしたら、毎日更新ができなくなるかもしれない。

でもいま大事なのは、自分の想いをきちんと形にして、伝えられるようにすることだと思っている。一つひとつの記事に、自分の想いを言葉にすることを面倒がらずにやっていく。

これは、私の中でちょっとした決意表明でもある。これからは、私と同じような境遇で悩む人々の心に届く記事をお届けしていきたい。