向き合わなければいけない感情の存在について。私が頑張れない原因。

最近、自己否定ではないと思うのだけれど、疎外感とか、欠乏感を感じている。

で、その感情をじっくりと味わうことが大切だといろんな所から学んでいるため、味わおうと試みているのだけれど、なかなかうまくいかない。

無意識のうちに、向き合わない方向に逃げている気がするのだ。

私が頑張れない原因をかいま見た

今日、初めて自覚したことがある。

疎外感とか欠乏感を感じてるときはいつでも

「不毛な戦いはしたくない」

と思っているのだ。

省エネで過ごす。必要最小限のことしかやらない。あるいは、まったく別のことに情熱を燃やす。

そして、必要なことを頑張ることに意味を見出さなくなり、結果、いつも同じことの繰り返しに・・

そのままでは、よくない。

逃げない

自分と向き合うことを逃げない覚悟をするとは、どういうことだろう?

向き合えないことを、忙しさのせいにしない。

幼少期の自分まで、とことん掘り下げる。

自分が痛んでもいい、それでも世界は変わらないし、失うものは何もない。

大げさなようだけれど、そこまで覚悟を決めないとやれないと思う。