許可が得られないと行動できない自分を、客観的に見た

いままで、変な形で他人に依存していた自分を発見した。

自分のやることなすこと、全部だれかに「やっていいよ」と許可をもらわないといけなかった。

まるで、何かにおびえてて、なんでもいいから承認してもらうことを望んでいる子供のようだ。

なんでもいいから、いいよ、といってもらうこと。それを求めていた。心から。

今でもそうかもしれない。

そのことに気づいたということは、少しではあるが、違和感を感じている、というサインだ。

そのもととなるのは、

制限された空間の中で生きなければいけない、というビリーフなのか、

あるいは、まわりの仲間たちを、信頼しきっていないのか。

今のところよくわからない。

ただ、ひとつ言えるのは、

人の意見に依存してしまうのは良くない、ということ。

私が私の人生を、責任を持って生きるためにも、ひとつひとつ、心の鎖を解いていこう。