有給の取り方を工夫して、少しでもゆるゆる時間を増やす

私の場合、月曜日〜金曜日が仕事で、土日祝がお休みなのですが・・・。

実は

5連勤って長い!

と思っています(笑)

5日も続けて会社に長い間拘束されるの、疲れませんか? たまに休みをいれなければ、息が切れてしまいそうです。そんなに長時間働かなくてもいいんじゃないと、今の日本社会に問いたいです。

前置きが長くなりました。そろそろ、本題に移ろうと思います。

私流、ゆるゆる時間を増やす有給の取り方

1.真ん中の日に休む

例えば、5連勤だったら、3日めに休む。そうすると、2連勤×2に分散できて、疲れも溜まりにくいです。

2.2日目に休む

これはおすすめ。2日めに休むと、3日めがまるで1日目のように錯覚するのです。

例えば、月曜日に会社へ行き、火曜は休む。

そうすると、水曜日はまるで月曜日のようなフレッシュな気持ちになれます。月曜日に疲れても、リカバリーが早いので、水曜日にいきいきと過ごせます。

3.最後の日に休みを入れるとき、出来れば、予定を入れない。

例えば、2連休を3連休にするといった場合です。

まとまった休み、ふだんにできない旅とかもできますが、時には「何にも予定がない連休」を味わうのもおすすめです。

特に、ふだん頭をフル回転させて生きている方は、ぼーっとのんびりとした時間を過ごすとパワーの充電ができます。

 まとめ

適切に疲れをとって、心も体もゆるゆる過ごしたら、だんだんと活力が戻ってくるのを感じます。

ゆるゆる過ごすための工夫を、これからもいろいろ発見していきたいと思います。