仕事中のアロマアイテムを考えてみようか。

アロマセラピーが好きで、精油をいくつも持っているけれど、仕事など、何かに集中していると、なかなか使うことが出来ない。

ひとつのことにしか集中すると、まわりが見えなくなってしまい、「疲れたらこの香りを使おう!」がなかなか出来ずにいます。

さて、どうしたものか・・・

仕事中にサッと使える、アロマアイテムを考えてみようと思います。

目につくところにアロマアイテムを

アロマストーン

気軽に香りを拡散するのにべんりなアロマストーン。作業のジャマにならないよう、壁にかけられるものがいいかも。

携帯電話を置く台とかと兼ねていたらいいのに、と個人的に思います。

あるいは、文鎮がわりに使うとか。

おすすめのアロマストーンは以下の記事に紹介しています。

精油の香りを気軽に楽しめるアロマストーン。おすすめの商品について | すこやかで心地よい暮らしづくり

アロマスプレー

スプレーを用途別にいくつか用意して、デスクの上に常備。

たとえば「ON用」と「OFF用」に分けて、ON用は気持ちがほどける香りを、OFF用は気分がシャッキリ、活力が上がる香りをブレンドする。

スプレー容器を洗うのが面倒なのがネックであるが、やってみようかな。

ハンドクリーム

クリームを手づくりして、その中に好きな香りを混ぜておくと、使うたびにいい香りがふんわりするのでおすすめです。

最近作っていないな、また作ろうかな。

私がよく使う技〜名札ストラップの活用

それは、名札のストラップに精油を1〜2滴落とす

というもの。

私の会社ではこういう名札を吊り下げているのですが、ストラップに精油を染み込ませると、ほんのり香らせることができます。

1〜2滴がおすすめです。それ以上だと香りが強すぎるので注意。

まとめ:精油のままだと手軽に使えない

精油は基本、原液では使用できないため、何かに希釈してから使う必要があります。(キャリアオイルとかアルコールとか、基材)

つまり、いったん希釈するという手間がかかる。そのため、精油のままだとなかなか使えず、うっかり時間を過ごしてしまうのです。

精油のままだと手軽に使えない。

より使いやすくするための下準備として、アロマクラフトがあるのだな、と改めて感じたのでした。