植物は化学兵器を持っている

先日読んだ本に、下記のようなことが書いてあり、興味深いと思ったので一部ご紹介します。

「植物は化学兵器を持っている」って、なんだか想像しにくいですが・・

構造を支える部分の一つはセルロースで、それはグルコース分子が連結してできている巨大な分子。

グルコースは、太陽からのエネルギーを蓄える場所。

そのエネルギーは、人間でいうところの消化器官のように働きます。土から取り込んだ栄養素を分解し、生きるのに必要な化学物質を作り出す。

その中に、外敵から身を守る物質も入っているのです。

植物が、自らの生命を脅かす動物や害虫などから身を守るために、自分の中で作った化学物質を使っています。

その中の一つが「テルペノイド分子」。エッセンシャルオイルの分子はこの部類に入っています。精油の成分に特徴的な化学物質。

忌避作用(虫を遠ざける)があったり、消毒・抗菌作用があったり。

たとえば、成分でいうと

  • カンファー:ローズマリー・カンファーなど
  • α–ピネン:ヒバ、ヒノキなど
  • シトロネロール、シトロネラール:レモングラス、シトロネラなど
  • ゲラニオール:ゼラニウムなど
  • ツヨプセン:シダーウッド・アトラス、ヒバなど

これらは、虫を遠ざける作用があると言われているものです。

ただ、これらの成分に限らず、葉や茎や木部が傷つけられたとき、植物たちは生き延びるために必要な成分を放出するのでしょう。

まさしく、植物自らが生きるための「化学兵器」と言えるでしょう。