連休明けの仕事の日に疲れてしまった理由

5月3日から5日まで休んで、今日は仕事へ行ってきました。
しかし、仕事が終わり家に着いたら、とても疲れを感じているのに気がついた。
3日間も休んだのに、なぜ疲れているのだろう。

連休中は少し夜型にシフトしていた

実は連休中、就寝時刻が24時を過ぎていました。このブログの更新も24時頃だったり。私はもともと朝型で、ふだんは23時には布団に入っていたのに、生活がやや不規則になっていたようです。
したがって、朝起きる時間も遅めになっていました。仕事へ出掛ける今日は早起きしたので、そのぶん、疲れやすくなっていたのかもしれません。

休みの日も、普段と変わらないリズムで

疲れにくい身体を手に入れるには、自分のリズムをつくることが重要だと感じています。休みの日も、普段と同じくらいの時間に起きて、同じくらいの時間に眠る。日中の活動量も、出来れば、毎日同じくらいに(日による変動を少なく)出来れば、なお良いのではないかと考えています。

これからの心がけ

休日も朝型で過ごします。平日は5時半ころに起きるので、休日も、 遅くとも6時半までには起きようと思います。
また、休日によくある傾向なのですが・・その日元気だからといって、予定を詰め込み頑張りすぎると、次の日がしんどいです。1日にあまり詰め込み過ぎず、ほどほどに活動して、次の日以降の活力を維持するように過ごしたいです。