だらだらする時間を減らしたい!

疲れてくると、だらだらしてしまうことがよくあります。

私の場合、残業しているときや、夜ごはんの後につい、だらだらしてしまいます。

その時間、1日に1時間だとしたら、1年で365時間、だらだら過ごしていることになる。これを50年続けたら、760時間、およそ2年間もの時間を無為に過ごすことになるのです。

それに、だらだら過ごしていたって決して疲れは取れない。

あぁ、よくないことばかりだなぁ・・とつくづく感じます。

そこで「疲れたら、だらだら過ごす」生活に終止符を打つべく、帰宅してからの過ごし方について、思いつくまま考えてみました。

  1. 帰宅後のto doリストをつくる
  2. 帰宅から就寝までの導線を整える
  3. 部屋を、気分を高めてくれる香りで満たす
  4. 首と肩をじっくり温める
  5. 気分を上げてくれる音楽を流す
  6. リラックスする部屋には、最低限のものしか置かない
  7. 家事はゲーム感覚で取り組む。たとえば30分以内で食器洗いをすると決めて、タイマーをかける、など。
  8. 理想とする暮らしを思い描ける写真を常に手元に置いておく
  9. 食後にお茶の時間をとる
  10. 部屋着をお気に入りのものにする
  11. だらだら時間は15分までと決める
  12. 「ながら休み」をしない。

追記するかもしれませんが、本日はひとまずこのへんで。

休むときには休む。メリハリを大切に。活動するときには集中して、サクッと終わらせる。休むときには、素敵な宿でゆったりくつろぐように休みたいです。