お金がないと思いこんでいたが、実はじゅうぶん持っているのだ

私は最近まで「お金がない、ない」と常々思っていた。

給料は安いほうだし、稼いだお金は出ていく一方・・・・・・・

しかし、夫はそんな私の姿を見て、こう言い放った。

「お金はある」

現状は億万長者ではないけれど、じゅうぶん生活していけるだけの収入はある、ということだ。


思い返せば、私は学生時代、もっとお金がなかった。

親元を離れて学業に専念していたので、大部分を親からの仕送りに頼っていた。

食料品を買うときには10円でも安いものを買っていたし、果物はほとんど買えなかった。

その頃に比べれば、今は食料品にはお金を使えている。

そう思うだけで、十分豊かな気持ちになれるなぁと、今晩のごはんを作りながら感じたのだ。


夫は必要なもの以外はお金を使わない。どちらかというと倹約家である。

その姿を見ているから、「お金はある」と言われたとき、びっくりしたのだ。

お金とは豊かさである。お金を使わなくとも、心がじゅうぶんに豊かであれば、それだけで十分である。

私は夫から、とても大切なことを教えてもらっている。