明日も乗り越えられるよう、楽しみと工夫を散りばめる。

そういえば、かつて「今日が無事に終わってくれますように・・」と祈っていた時期がありました。

そのときに心がけていたことがあります。

明日も1日乗り越えられるよう、楽しみと工夫を散りばめる

以下にざっとまとめてみました。

  • 明日を元気に過ごせるようにする。そのために今日は疲れすぎないようにする(疲れを明日に持ち越さない)。
  • 面倒なことを少しでも減らす。必要なものをすぐに取り出せるように整理整頓する。
  • 未来に楽しみなことをつくる。旅行へ行ったり、気になるお店へ行ったりする計画を立てる。学ぶのが好きな方は、セミナーや勉強会の予定を入れるのもいいでしょう。
  • 気分転換方法をたくさんつくる。日頃考えることが多い方なら、五感を使うことがよい気分転換になります。音楽を聞いたり、香りを楽しんだり、近くの公園へ行ったり・・

毎日「今日も1日楽しく過ごす!」と考えたほうがいい。けれども・・

もちろん、毎日の活動のスタンスは「無事に終わってくれますように・・」よりも、「今日も1日たのしく過ごす!」としたほうがいいと思うのですが。

そうはいかないときもあります。

やらなければいけないことがたくさんあって、その状況に押しつぶされてしまいそうなときもあるでしょう。

そんなときは、無理に前向きにふるまう必要はない、と思っています。

その時その時に希望を見出すように、ふとした瞬間に楽しいことを思い浮かべる。

不便だなと思ったことは改善し、後で「改善してよかった!」と喜ぶ。

ひとつひとつの生活の積み重ね。

ときに休みながら、一歩一歩進んでいけば、暮らしはだんだんと変わってくるのではないかと思うのです。