苦手意識を少し克服したら、可能性が広がった。

先日、ドライブへ出かけていました。

高速で片道2時間の道のりを、往復、ほぼひとりで運転しました。

車に乗っていたのはひとりではありませんでしたが、相方はほとんど眠っていたので、ほぼひとり運転と言ってもいいでしょう(笑)

東京都足立区の自宅から、首都高を経由して神奈川県へ・・・そう、首都高を通ったのです。

私、実は首都高を運転するのにものすごく苦手意識がありました。道路は狭いし分岐点がたくさんあるし、交通量多いしみんなスピード早いし(←高速道路なので当然です)

ですが実際、なんとかなりました。

それは「なんとかなる」と思っていたし、みんなは優しいと信じていたから。

安心して運転することが出来ました。

夕方はスカイツリーや、東京の夜景がキレイでした。

首都高を運転することのハードルが下がったので、これからは生きたいところにどんどん行けるようになれそうです。