夫婦そろって育休をとりました(3) 育児と家事の役割分担、現状

夫婦そろって育休が始まり、夫婦で協力して育児と家事をしています。育児と家事の役割分担をどうしようか、試行錯誤の日々が続いています。

育児と家事の役割分担(2019.6.15現在)

出来る方がやる
子を起こす 主に朝食つくり 食材の買い物
ミルク、離乳食(主にあげるほう) ミルク、離乳食(主につくるほう) 哺乳瓶を洗う
床の掃除 ごみ出し おむつ替え
洗濯物を取り込む 毎食後、食器とフライパンを洗う。食器→食洗機、フライパン→手洗い 夕食つくり
主に昼食つくり 洗濯機を回す、干す 夜の寝かしつけ
子と遊ぶ 昼寝の寝かしつけ 生協の注文(よく忘れる)
子をお風呂に入れる(メイン) お風呂の湯はりを予約する
子をお風呂に入れる(サブ)
お風呂を洗う

逆算手帳2019の「Daily Vision」ページに、夫婦のタイムスケジュール(簡易版)を書いたらこうなった。(※ここに書いたのは理想ではなく、現状である。)

それぞれが自分の作業に集中できる時間帯は、子が眠っている時間と一致する。

変えたいこと

できれば、ひとり集中できる時間を増やしたい。今よりも1時間、早起きすればいいのでは。

→現状、起きる時間は早くて6時なので、5時に起きられたら素敵だと思う。

これからどうする?

21時半には布団に入れるようにしたい。

→現状、娘は21時〜22時就寝なので、寝かしつけ〜私の就寝まで、流れるように進める。

いつも、娘が眠ってから、夫とだらだら眠る支度をしていて、なんだかんだで1時間くらい起きていた。私が眠る支度をしてから、娘の寝かしつけをすることにする。そして、娘の就寝とともに、私も布団に入ろうと思う。