久しぶりのひとり旅で、自分のやりたいことを考える

今日から2日間、ひとりで旅をしています。

ある日、思い立って宿を手配したのがはじまりでした・・

▼ 関連記事

やりたいことをやる、行きたいところへ行くのをためらわない | たまにはゆるゆる暮らし

ひとり旅は以前にも行ったことがあるし、ひとり暮らしを10年以上していたから、もともと、ひとりで過ごすことには慣れている。

でも、5年前に旦那と同居を始めて以来、ひとりで旅行へ出かけることがほとんどなかった。

職場では日々たくさんの同僚に囲まれ、

プライベートでも多くの友人に恵まれた。

そこで、このタイミングでひとり旅をしてみたら、どんな感じになったのか、振り返ってみようと思う。

いきなり出来た、ひとりの時間にびっくり

宿に到着し、広い広いお部屋に通されたとき

あれ? これからどうすればいいんだろう

と思った。

夕食まで5時間もある。

今回、暇つぶしの道具(本など)は全然持ってきていない。もともと、宿で存分にゆっくり過ごそうと思っていたのだから。

いきなり出来た、ひとりの時間に戸惑ってしまった。

でも・・・

いま自分がやりたいことにフォーカスしたら、5時間なんてあっという間でした。

温泉に浸かってばかりの、のんびりとした時間をすごし、とても幸せでした。

自分のやりたいことが見えてきた?

日々、たくさんの人たちに囲まれていると、意識が他人の方に向いてしまいがち。

それで、本当に自分が好きなもの、やりたいことが見えにくくなってしまっているのではないかな?と思う。

ひとりの時間をつくると、否応なく自分自身と向き合わないといけなくなるので、自分の本当にやりたいことが浮き彫りになっている、気がする。