カフェで集中して時間を過ごすためのコツ

カフェで過ごす時間を有意義なものにするには、自分の世界に入り込むこと、すなわち集中力を上げることがポイントです。

今回は、カフェで少しでも集中力を上げるためのコツをいくつかご紹介します。

カフェで集中して時間を過ごすためのコツ

静かな時間帯を狙う

静かな環境のほうが集中できる方は、静かな時間帯を狙うのがいいでしょう。朝の時間帯は比較的静か。ファミリーOKのカフェならば、夕方17時以降が落ち着きます。

自分が集中できる環境を選ぶ

今まで行ったことのあるお店のなかで、自分が集中しやすいと感じた場所を再訪するのも良いです。

私の場合は、以下の条件に当てはまるお店が◎のようです。

  • 香りが良いお店
  • 清潔感のあるお店
  • BGMが大音量でないお店
  • テーブルと椅子の相性がよいお店
  • 隣の席との感覚が狭すぎない
  • 人気店ではない

カフェへ入って最初のうちは、心を落ち着かせる

カフェへ入ったばかりのときは、その前にいた環境を引きずっていることが多いので、なかなか集中モードに入りにくいです。

そこで、最初のうちは、「何もせず、心を落ち着かせる時間」とします。

ただ、今ここにいる自分を感じる。なんだか、マインドフルネスみたい。

15〜20分くらいしたら、だんだんと心が落ち着き、カフェの雰囲気になじみます。そうなると、その後が集中しやすくなります。

「次の予定を控えているとき」のワザ

次の予定の合間に、カフェへ入ることがあります。

時計を気にしながら時を過ごしていると、なかなか集中できないもの。

そこで、次のワザを考えました。

手順1:カフェを出てから、次の目的地までの移動時間を見積もる

土地勘のない場所では、次の場所へ時間通りにたどり着けるか、不安になります。

私の場合、google mapで、今いるカフェから目的地までにかかる時間と経路を調べています。経路も一緒に調べることで、次の場所へ行くのをシミュレーションできるので、その後、安心して集中できます。

手順2:タイマーを設定する

カフェを出る時間ぐらいに、タイマーが鳴るように設定します。

といっても、ここはカフェですので、アラーム音が大音量で鳴り響くようなことはしたくない。

そこで、音は「無音」にして、バイブレーションだけで知らせるようにします。

iphoneの場合、デフォルトでは「無音」がないので、以下のサイトを参考に無音の音楽ファイルをダウンロードして使います。

また、アラーム時間は、アラームが鳴ってからカフェを出るまでの時間を差し引いて設定します。

ちなみに、私は(カフェを出る時間−2分)に設定しています。

まとめ

そもそも、なぜカフェへ行って集中したいのか? というと、

いつもの場所にずーっといるよりも、ときどき外へ出たほうが、気分転換になって集中しやすくなるから。

家でもなく、職場でもなく。誰にも干渉されることのない、ほどよく緊張感のある空間。

そんなカフェが大好きだから、これからも研究を重ねたいと思います。