2017年は、新しいノートと共にスタートします。

2017年が始まりました。

新しい年の始まりは、すこし気の引き締まる感じがします。

そんな中、普段使いのノートを新しいものにしたので、ご紹介します。

ノートジプシーからの脱出へ向けて

じつは最近まで、職場やプライベートで使うノートは何がいいのか、悩んでおりました。

ミシン目が入っていて、切り離せるタイプのものが便利で、1年くらいこちらのノートを使っていましたが・・・

フィラーノート|文具紹介|コクヨ ステーショナリー

終盤になってくると、切り離してない「要らない部分」が増えてきて、持ち運びたくない・・と思うようになりました。

新しいノートはルーズリーフにしました

そこで、次に使うのはどんなノートがいいか、検討しました。

  • 仕事用と、プライベート用の両方を持ち運びたい。
  • でもノートは意外と重いので、必要な部分だけを持ち運びたい。
  • バインダーやリングノートの「リング」が手に当たるのはストレス
  • A5くらいのサイズがいい

そうなると、やはりルーズリーフ、ということになります。

手にリングが当たりにくい、こちらのバインダーを選定。

A5サイズがありました。

リングノート「テフレーヌ」 | 書くときにリングが手に触れないバインダーノート「テフレーヌ」 | ファイルとテプラのキングジム

紙は「クロッキーリーフ」が使い心地良好

「クロッキー」というノートに使われる、同じ紙のルーズリーフがあることを発見しました。

Marumanマルマン株式会社 / ルーズリーフ クロッキーリーフ A5 無地 L1336

クロッキーリーフは割高に感じましたが、実際に使ってみると、やわらかい書き心地なのに、筆がするすると進む。

ペン先の沈み方が、絶妙な「ふかふか」感で、なんとも心地よい。

つい、書きたくなってしまうような紙質で、お気に入りです。

バインダーを自分流にアレンジ

包装紙をA5サイズに切って、穴を空けたものを表紙と、裏表紙にイン。

愛着がわきそうなノートに仕上がりました。

最後に

ルーズリーフは、リーフ部分(紙)をまとめていないと、バラバラになってしまいがちですが、

必要部分だけを持ち出せるメリットがあります。

当面の間は、この組み合わせで使ってみようと思います。