「机と椅子の高さ」に着目

昨日、勉強するのによい喫茶店のお話をしましたが、私が居心地よいと感じるポイントがもう一つあることを思い出しました。

机の高さと、椅子の高さ。

身体に負担なく机に向かえるような机の椅子の高さとの関係。

これが自分にあっているところでは、仕事がよりはかどる気がしています。

これは、昨晩とあるダイニングへ入ったときに気がつきました。初めて入ったお店にもかかわらず、お料理を待っている間、仕事で疲れていたにもかかわらず、問題集を広げ、勉強へ向かうことができたのです。どうやら机と椅子の高さが、自分にピッタリだったようです。

高すぎない机では、机の上で問題集を広げるときに肩や腕に負担がかからず、作業のストレスが軽減するのでは?と考えています。

ストレスを少しでも減らして、パフォーマンスを上げたい。お気に入りの喫茶店を見つけるだけでなく、自宅の机と椅子の高さを見直してみたくなりました。