長野 松本 まるも旅館 昔ながらの重厚感ある雰囲気は絵になる

長野は松本にある、まるも旅館。慶応4年(1868年)創業と、歴史ある旅館。念願かなって、宿泊することができました!

予約の取りにくい旅館

建物の雰囲気がよく、好立地のうえに良心的な価格設定。

それゆえ、予約をとるのが難しいのです。

私も以前、4回ほど宿泊予約を試みたことがありましたが・・・ことごとく失敗。

ちなみに予約をとる方法は、電話のみ。ウェブ予約はしていない。

松本民芸家具

店内はすべて松本民芸家具で統一されています。昔ながらの重厚感ある雰囲気は絵になります・・!

お部屋の雰囲気

今回は、3階のお部屋でした。

お部屋は古いものの、綺麗に保たれていました。

扉は二重になっていて、襖の内側から鍵がかけられます。ただし、外側からは鍵がかけられません。貴重品は金庫に預けます。

エアコンが付いているので、寒さに厳しい松本でも快適に過ごすことができます。

お風呂とトイレ、洗面所は共同です。

ゆったりとした観光旅行ならよいですが、ビジネスには向いていないかな・・。

朝食は丁寧に作られた和定食

ひとりプラス1,000円で朝食を付けることができます。

その朝食がとても素敵でした。焼きたてのお魚が美味しくて。

宿の雰囲気と一緒に楽しみました。

雰囲気を味わうならば、隣の「珈琲 まるも」で

予約困難な旅館ですが、実は隣に喫茶店が併設されています。

宿泊しなくても、雰囲気を味わうことが出来るのではないか? と思います。

(今回、残念ながら行けませんでした。次の機会に!)

関連ランキング:喫茶店 | 松本駅

まとめ

松本民芸家具を楽しめる宿として、全体的に統一感があり、居心地よい空間が広がっておりました。

予約ができたならば、朝食はぜひ付けることをおすすめします!